メンズ

危険な虫である蜂の駆除方法【業者に任せるのが安心】

このエントリーをはてなブックマークに追加

秋に駆除する事が重要

駆除道具

冬を越させない為には

ゴキブリ対策は夏場に行うという方が、ほとんどのようです。家の中で見かける「クロゴキブリ」は、夏場になると活発に動き回るようになります。ですので、ゴキブリ対策は夏場に行うというイメージが、定着しているのです。確かに夏場、ゴキブリを見かけた時はすぐに退治する必要がありますが、実は夏場だけでなく、「秋」こそゴキブリ対策の効果が発揮しやすいと言われています。クロゴキブリは冬場、幼虫や卵の状態で越冬します。冬場に生き残ったものが夏場、大きくなって目の前に現れるようになるのです。秋に対策を行い個体数を減らしておけば、その次の年に増える確率を抑える事が出来ます。意外と知られていませんが、秋の対策こそがゴキブリ駆除には有効なのです。

水回りの掃除はしっかりと

できるだけ見たくないゴキブリですが、1匹家の中で見かけた場合、その家には100匹も住み着いていると言われている程、繁殖力の強い害虫です。姿を見かけなくなる秋に、燻煙剤や置き型タイプの殺虫剤で駆除する事によって、翌年に出るゴキブリの数を減らす効果が期待出来ます。ただ、いくら殺虫剤で対策をしても、ゴキブリが増えるような環境を放置していては意味がありません。特に水回りの掃除はしっかり行いましょう。三角コーナーに生ごみを放置しない、使用した食器や調理器具はしっかり洗って治す、ゴミの袋は口を堅く結ぶなど基本的な対策法が有効です。ペットボトルや空き缶は、中身が残っているとエサになってしまいます。洗って捨てるという一工夫も行いましょう。